MagicCube AIスピーカー対応(12/6, 12/15修正あり)

AIスピーカー対応

今購入して、後からAIスピーカーに対応できるかというお問合せについて回答させていただきます。リリース時期につきましては順次お知らせしていきます。現在お買い上げいただき、後からの対応に制限はありません。高級なスマート家電を買う必要もなく、月額費用のかかるスマートホームサービスなどに加入する必要もなく、最適なスマートホームがDIY感覚で実現できることを目標にしています。

Amazon Alexa

ORVIBOサーバー側で日本語スキルの対応を行います。

MagicCubeのファームウェアやHomeMateアプリの更新の必要なく対応できる予定です。最初はON/OFFのサポートになりますが、利便性をさらに向上させる検討も行っています。

Alexaの対応は進んでおり、12/6の時点で、日本語スキルでS31(スマートプラグ、国内未発売)を使って、「アレクサ、ライト(← 自由につけた名前)をつけて」というようにコントロールできます。現在MagicCubeへ対応を行っており、12月中頃のリリースを予定しています。

12/15追記

 12/14夜にAmazonに対して、HomeMate日本語スキルの追加申請を行いました。Amazonの審査を通ると、公開されます。今回はテレビとエアコンのON/OFF操作だけ対応しています。これでは十分にご満足はいただけないと思いますが、もっと勉強して改善します。

 

blog.orvibo.jp

 

f:id:covia:20171206232101p:plain

Google Home

Googleのホームの対応はIFTTTで行います。

MagicCubeはすでにIFTTTのアウトプットに対応していますので、レシピを公開します。

IFTTTはテスト用に実装していますが、IFTTTへの登録は行っていませんので、検索されても見つかりません。大変申し訳ありませんが、Google  Homeへの対応はIFTTT経由ではなく直接対応することになりました。最初はライトのON/OFFコントロールに対応します。(できればエアコンのON/OFFも同時)

リリース時期はは開発が先行しているAlexaからになり、Google  Homeは年明けになります。

MagicCubeのファームウェア

MagicCube本体のファームウェアバージョンはHomeMateアプリから確認できます。ファームウェアインターネット経由で自動更新される仕組みです。

右上歯車アイコン> デバイス情報

2017/11/30時点の最新バージョンがv1.1.8です。

f:id:covia:20171130134116j:plain

 

MagicCube 照明リモコンの登録

照明リモコン

照明リモコンはメーカー機種ごとに、レイアウトや機能が様々なのでカスタムリモコンとして登録させます。以下の東芝のリモコンの例ではおやすみ切タイマーはHomeMateのシーンリンク機能を使っていただくこととし、それ以外のすべてのボタンを登録します。このリモコンのようにチャネルの切り替え(CH1/CH2)がある場合は、それぞれのチャネルでボタンを登録し、このケースでは、8個(4個X2CH分)のボタンを一つのカスタムリモコンに登録してしまうと便利です。

東芝(TOSHIBA) 照明器具おやすみ切タイマー付蛍光灯ダイレクトリモコン FRC-165T

Magic Cubeを選択し、リモートコントロールの追加をタップします。

f:id:covia:20171129234428j:plain

カスタムリモコンを選んでください。

f:id:covia:20171129234745j:plain

リモコンに好きな名前をつけます。

f:id:covia:20171129234907j:plain

カスタムキーを追加していきます。

f:id:covia:20171129235009j:plain

一つづつキーを追加して行きます。

ここではボタンの名前は元のリモコンに合わせています。

f:id:covia:20171129235205j:plain

キーを照射して学習させる

画面のようにMagic Cubeの正面センターに向けて登録したいリモコンのキーを照射します。正しく認識できるとすぐに画面が変わります。

f:id:covia:20171129235323j:plain

全部登録できたら完了です。

他のリモコンと同様に照明リモコンが登録されました。

f:id:covia:20171129235529j:plain

 

 

 

 

 

 

 

MagicCube 掲載記事リンク

SmartNews-Goodpress(徳間書店2017年12月2日

www.goodspress.jp

ケータイWatch 2017年11月27日

k-tai.watch.impress.co.jp

 

INTERNET Watch 2017年11月27日

internet.watch.impress.co.jp

Yahoo! ヘッドライン 2017年11月27日

headlines.yahoo.co.jp

BIGLOBEニュース 2017年11月28日

news.biglobe.ne.jp

 日刊工業新聞 2017年11月28日

www.nikkan.co.jp

オリコンニュース 2017年11月28日

www.oricon.co.jp

 新築ハウジング  2017年11月28日

www.s-housing.jp

ワークマスター 2017年11月28日

www.work-master.net

 産経ニュース 2017年11月28日

www.sankei.com

exciteニュース 2017年11月28日

ww.excite.co.jp

iza(イザ!) 2017年11月28日

www.iza.ne.jp

gooニュース 2017年11月28日

news.goo.ne.jp

Rakuten infoseek news 2017年12月1日

news.infoseek.co.jp

dmenuニュース 2017年11月28日

topics.smt.docomo.ne.jp

 

MagicCube シーンの登録

HomeMateにはスマートホームとして使う場合に便利な、シーンリンク機能があります。 

blog.orvibo.jp

MagicCubeとシーン

シーンとはMagicCubeなどのORVIBOシリーズの機器とスマートフォンを使って自動運転させるための機能です。予め指定した時刻や動作にしたがって自動運転させることができます。

シーンの登録

ここでは、指定の時間にTVの電源を入れるシーンを登録してみます。

赤枠のボタンをタッチし、シーンの登録画面に移行します。

f:id:covia20:20171030183742p:plain

 

赤枠の「+」をタップしてシーンを追加します。

f:id:covia20:20171030184344p:plain

シーン名の登録、シーンアイコンの変更

作成するシーンに適したアイコンを選択し、シーン名をつけてください。

実行タスクの追加で動作を登録します。

f:id:covia20:20171030184833p:plain

 

 

Covia TVを選択、左上の「←」か「◁」をタップして、前画面に戻ります。

f:id:covia20:20171030185837p:plain

 

「動作を設定」をタップします。

f:id:covia20:20171030190408p:plain

「電源」をタップしてマークします。左上の「←」か「◁」で戻ります。

 

f:id:covia20:20171031143520p:plain

条件を追加する場合には、「引き続き」をタップします。すべて終了したら、「保存する」をタップして登録を完了します。

 

f:id:covia20:20171031151602p:plain

お日様アイコンをタップすると、TVの電源がON/OFFできます。

これにタイマーをセットすると、自動タイマー運転ができます。

 

f:id:covia20:20171031154206p:plain

 

タイマー設定

編集アイコンをタッチすると、Editモードに移行します。

f:id:covia20:20171031165720p:plain

 

赤枠のアイコンをタップします。

f:id:covia20:20171031165828p:plain

時刻指定タイマー

シーンの時計アイコンをタップします。

 

f:id:covia20:20171031170029p:plain

「+」を選択しタイマー設定を追加します。

f:id:covia20:20171031170409p:plain

時刻設定を行い「保存する」をタップします。繰り返しの設定も行います。

f:id:covia20:20171031170808p:plain

時刻がセットされました。赤枠ボタンのON/OFFでタイマーの入/切ができます。設定した時刻は、翌日から動作します。セットした当日は動作しませんので、ご注意ください。

f:id:covia20:20171031172255p:plain

 

 

 

MagicCube TVリモコンの登録

MagicCubeは様々な種類の赤外線リモコンに代わって、スマホからすべて遠隔で操作することができます。MagicCubeをまず登録し、そこにリモコンを追加していきます。一つのMagicCubeに複数のリモコンを追加することが可能です。追加するには「リモコンに一致します」を選んで、登録済みの8,000種類以上のリモコンの中から選んで追加するか、「リモートコントロールのコピー」を選んで学習させるかのどちらかです。学習は一個ずつリモコンボタンを追加して読み込ませるのですが、学習操作は簡単で確実なのでご安心ください。

TVリモコンの登録

登録済みのMagic Cubeを選択します。

f:id:covia20:20171030160914p:plain

 

 現在の位置でJapanを選択し、確認をタップします。

f:id:covia20:20171030161508p:plain

「リモコンを追加します」をタップします。

 

f:id:covia20:20171030161743p:plain

「テレビ」を選択します。

 

f:id:covia20:20171030161942p:plain

既成のリモコンの中から選択する場合は、以下の赤枠「リモコンに一致します」をタップして、リモコンのメーカーの選択画面にに切りかえます。登録済みのテレビがリストアップされますので、その中から選択してください。

 

f:id:covia20:20171030162424p:plain

お使いのTV ブランドを選択します。 

f:id:covia20:20171030162757p:plain

同じメーカでたくさんの種類が登録されています。青枠をタップして順番に試していき、登録するTVの操作ができる事を確認できたら赤枠をタップして、登録を完了させます。

 

f:id:covia20:20171030163436p:plain

リモコンの操作

実際のリモコンの変わりにスマホで操作が可能です。便利なのは、もはや操作する機器のほうを向ける必要がないこと、外出先からも同様に操作できることです。

左下の「…」ボタンのタップでサブメニューを、右下の「123」ボタンでテンキーを表示できます。

f:id:covia20:20171030163937p:plain

 

f:id:covia20:20171030172226p:plain

f:id:covia20:20171030172242p:plain

 右上の「歯車」アイコンをタップすると、リモコンの再設定や登録の削除ができます。

f:id:covia20:20171030172829p:plain

青枠:別のリモコンに変更します。

赤枠:リモコンの登録を削除します。

 

f:id:covia20:20171030173340p:plain

 

 

学習機能

お使いのリモコンがリストに見つからない場合、動作が合わない場合は、キーを学習させて新たにリモコンを作ることができます。「リモートコントロールのコピー」を選択してください。

f:id:covia20:20171030174942p:plain

リモコンの名前を入力して「次へ」をタップしてください。ここではCovia TVという名前を登録してみました。 

f:id:covia20:20171030180406p:plain

学習操作開始

学習させるボタンを順番に一個ずつ選択します。

 

f:id:covia20:20171030180554p:plain

画面に従い、リモコンをMagicCubeに向けて照射します。学習が成功したらボタンの破線が実線に変わっていきます。

 

f:id:covia20:20171030180655p:plain

必要な学習ができたら完了してください。すべてのキーを学習させる必要はありません。

f:id:covia20:20171030181208p:plain

 

 

MagicCube(マジックキューブ)の登録

はじめに

最初に行うことはHomeMateのアカウントを作成することと、MagicCubeの初期設定です。MagicCubeはそれ自身がWi-Fiのアクセスポイントになり、スマートフォンを接続します。スマートフォンを使い、接続させたいWI-Fi APを指定すると初期設定は終わりです。登録するとDefault Roomに設定されます。MagicCubeや他のORVIBOシリーズを一つの部屋だけでご利用の場合はこのままで大丈夫です。複数の部屋に設置してご利用の場合は、私>ファミリー管理>ルームの管理から「ルームを追加します」で管理する部屋を追加してください。

アカウント登録

ご利用にはアカウント登録が必要です。まずiOSAndroidかに応じてそれぞれのストアから、HomeMateアプリをインストールしてください。HomeMateで検索します。

 AppStore

HomeMate

HomeMate

  • Shenzhen HomeMate 365 Co., Ltd.
  • ライフスタイル
  • 無料

Play Store 

play.google.com

 

初期設定

最初のご利用時には、サインアップが必要です。メールアドレスとパスワードを入力し、サインアップを行ってください。次回からはそのアカウントでログインができます。複数のスマートフォンで同じアカウントで設定を維持した状態で使えます。

 

f:id:covia20:20171030145419p:plain

f:id:covia20:20171030145553p:plain

 

新しいファミリーの作成

f:id:covia20:20171030145748p:plain

「新しいファミリーの作成」をタップして、新しいファミリーを作成します。

f:id:covia20:20171030150812p:plain

自宅の名前を入力し、最後に作成をタップすると、トップ画面に戻ります。

f:id:covia20:20171030151202p:plain

 

Magic Cubeの登録

ここからMagicCubeのデバイス登録を行います。MagicCubeをWi-Fi接続させる必要があります。最初はMagicCubeがWi-Fi APになり、お使いのスマートフォンをMagicCubeにWi-Fi接続して必要な設定を行い、MagicCubeがご自宅のWi-Fi APへ接続するという手順です。MagicCubeは2.4GhzのWi-Fiだけに対応しているのでご注意ください。

 

f:id:covia20:20171030151202p:plain

 

バイスを追加

バイス追加 > スマートリモートコントロール > マジックキューブの順番に選択していきます。

「スマートリモートコントロール」を選択します。

f:id:covia20:20171030153756p:plain

マジックキューブを選択します。

 

f:id:covia20:20171030154050p:plain

 

MagicCubeに電源を投入し、下絵のように赤いLEDが点灯するまで6秒ほど本体を押し下げ次へをタップします。

f:id:covia20:20171030154604p:plain

スマートフォンを操作し、Wi-Fiの設定からHomeMate_APという名前のワイヤレスネットワークに接続をします。

f:id:covia20:20171030154747p:plain

f:id:covia20:20171030154800p:plain

Wi-Fiを接続する」をタップします。

f:id:covia20:20171030155039p:plain

HomeMate_APをタップして、接続を確定します。(パスワードはありません)

接続されたら戻ります。次は、MagicCubeを接続したいWi-Fi APを指定します。MagicCubeは2.4GhzのWi-Fiにしか対応していないので、2.4GhzのAPを指定してください。SSIDを選択し、パスワードを入力したら、接続をタップします。

f:id:covia20:20171030155500p:plain

2.4GHzのネットワークに接続します。

f:id:covia20:20171030155629p:plain

f:id:covia20:20171030155722p:plain

保存するをタップすると、トップの画面に戻ります。

f:id:covia20:20171030160036p:plain