今さら聞けないGoogle Homeとアシスタント(第二回)

Google HomeとMagicCubeは一心同体

f:id:covia:20181215233939p:plain

Google Homeの音声コマンドで便利なのは、主に以下の3種類です。リモコンを手に取ることなく操作できるのは非常に便利ですが、実際には細かい操作を音声で何度も繰り返し行うのはかえって煩雑になるばかりで、音声コマンドで行うこと、センサーやタイマーなどで自動運転させること、スマホアプリ(HomeMate)のUIで手操作することを、うまく適材適所で効率よくお使いください。

HomeMateの対応状況

過去記事でご紹介したような、非対応の機器をTVリモコンの電源ボタンで行うようなトリッキーな方法は、もはや必要ありません。

1. 照明( シーリングライト)

各種メーカーのプリセットが追加されており、日々追加や改良を行っています。

2. エアコン

オン・オフだけでなく、冷房・暖房の指定、温度の設定に対応しています。以下のような自由度の高い命令が可能です。

OK Google、ベッドルームのエアコンをつけて

OK Google、ベッドルームの暖房をつけて

OK Google、ベッドルームの冷房を20度にして

3. テレビなどのAV機器

プリセットにない場合は学習したものもGoogle Homeで使えます。

部屋ごとにGoogle HomeとMagicCubeを配備する

Google Homeには部屋の概念があり、どの部屋に置いたかを設定しておくと、どの部屋にいても、近くのGoogle Homeに対して、「OK、Googleリビングルームのエアコンをつけて」というように指示をすることができます。ご自宅のすべての部屋に1個ずつGoogle Homeを設置すれば、家全体がどこでもコマンドを受け付けるGoogle Home化されます。Google Home Miniは各種のキャンペーンなどで安売りされることも多いのでお得に複数をお求めください。こうして各部屋に設置するGoogle Homeと一緒に、MagicCubeも設置することで家全体のスマートホーム化が完成します。

f:id:covia:20181215234123p:plain

Googleアシスタントのルーティン機能

音声コマンドで1つ言うだけでアシスタントが複数のタスクを行ってくれるのがルーティン機能です。標準でプリセットされている「おはよう」「おやすみ」「出かける」「ただいま」「仕事に行く」「家に帰る」にある、照明やコンセントの操作、室内温度の調節などの機能が、MagicCubeをGoogle Homeと一緒に各部屋に併設することで、フルにご利用いただけるようになります。これで玄関で近くにあるGoogle Homeに「OK Google, ただいま」と発声するだけで、家中の家電が一度に操作できるのです。

 

f:id:covia:20181215231839j:plain