MagicCube シーリングライトの裏メニュー

 ブルグのコメント欄で情報をいただいたのですが、専用のリモコン では電源のON/OFFが一つのボタンにアサインされていて、トグル(交互)に動作するのですが、隠し仕様として、OFF専用のコードに対応しているものがあります。付属のリモコン ではこのOFFコードは出すことができないので、照明用のマルチリモコンを使って学習させてみます。

f:id:covia:20180224222702j:plain

ELPA照明リモコン 

今回試したマルチリモコン はELPAのRC-C009で、対応しているメーカーは下記です。お手持ちのシーリングライトに合わせて選んでください。

対応メーカー:
パナソニック(Panasonic)・東芝(TOSHIBA)・シャープ(SHARP)・タキズミ・コイズミ照明・日立(HITACHI)・NEC・オーデリック・アイリス オーヤマ・大光電機・アグレッド

ELPA(エルパ) 照明リモコン RC-C009 1836700

ELPA(エルパ) 照明リモコン RC-C009 1836700

 

試したシーリングライト 

古いパナソニックの蛍光灯タイプで試しました。このリモコンは一つのボタンで点灯と消灯を兼ねているので、遠隔操作時に状態が確定できません。ELPAのRC-C009でモードをPanasonicにすると、消灯ボタンが機能し、点灯と消灯を独立したボタンで操作ができます。これを学習させることにより、MagicCubeからON/OFFが制御できるようになりました。諦めていたON/OFFの遠隔操作が確実にできるようになりますので、これは便利です。

f:id:covia:20180224222103j:plain

アイリスオーヤマではダメでした。点灯/消灯/常夜灯のどのボタンも同じコードが発信されます。

 

MagicCube エアコンの不信な挙動について

エアコンをリモコンで操作した場合に、思った動作にならないことがあります。手で操作している場合は、納得した動作をするまで再操作するため良いのですが、MagicCubeのような遠隔操作の場合は困ります。

f:id:covia:20180220094912p:plain

 

切れない場合

切る時にON/OFFスイッチを1回押しても切れず、3回目で『ピー』と言って切れるような場合は、以下のような内部クリーン運転が行われているケースがあります。複数回OFF操作をすることで、それをキャンセルして強制的に遮断します。遠隔操作の場合は、クリーン運転が終われば電源は切れるので、そのままにしておくのが良いでしょう。

n-faq.daikincc.com

n-faq.daikincc.com

 

入らない場合

通常はエアコンの学習は煩雑なため、プリセットした中から動くものを選択して使います。エアコンのリモコンは基本は互換性を維持していますが、機能拡張でコードは変わっており、厳密にお使いのエアコンに合致していないことから、一度で入らないことがあります。純正のエアコンでは思ったように一度で入るが、MagicCubeでは入らない場合や、MagicCubeで入った時に動作モードや温度設定が期待と異なる場合は、以下の方法をお試しください。

「エアコンON専用のリモコン」を学習で作る

MagicCubeではリモコンはたくさん作れますので、シーンやオートメーションなどの自動運転や、Alexaの音声コマンドでは、それ専用に作成したエアコンON専用のリモコンを使い、マニュアル操作では通常のプリセットのリモコンを使うという使い分けをお勧めします。ONに成功すると、通常の操作はプリセットリモコンで問題なく使えることが多いです。

 

エアコンリモコンの学習のさせ方はこの記事を参考にしてください。

blog.orvibo.jp

 

学習できない場合はこの記事を参考にしてください。

blog.orvibo.jp

 

 

 

 

 

 

MagicCube トラブルシューティング ダイキン編(調査中)

ダイキンのエアコン

f:id:covia:20180219180103j:plain

MagicCubeで、ダイキンの最近のエアコンリモコンが学習できないということで、調べました。ユーザーの皆様の状況もお知らせください。

調べたリモコン

 波形測定

オシロスコープで波形を測定したところ、データブロックは約160msあり、2回出ています。これでは学習リモコンで正しくキャプチャーすることはできません。

停止時のコード

0011 DA27 0002 0000 0000 0000 8010 0000 0000 0000 A411 DA27 0000 08C0 80B0 0000 0660 0000 C300 0033

f:id:covia:20180219180210j:plain

 

マルチリモコンを代わりに学習させる

ダイキンに限らず、最近のエアコンリモコンは学習できないことがあります。こうした場合、どうしても学習させる必要がある場合は、代わりにマルチリモコン信号ソースとして使うことをお勧めしています。

blog.orvibo.jp

その他

まだ調査継続中です。 

 

 

HomeMate #それどっちもできます

スマートフォンを活用した、ホームコントロールやセキュリティは発展中で、たくさんの便利なサービスが考えられていますが、MagicCubeとWi-Fiスマートカメラなら、今すぐにリーズナブルな価格で、 #それどっちもできます。  

#あれ消したっけ

www.youtube.com

 

#一人暮らし不安

www.youtube.com

 

サービス運営会社

上記のサービスをプロモーションされている会社です。ORVIBO HomeMateシリーズとは関係ありません。

tinklock.com

 

MagicCube サーバー障害情報(2018/2/18 20:00頃)

2018/2/18 発生 20:00頃 

現在サーバー障害によりMagicCubeのLEDが赤点滅になり、操作できない状態になっております。復旧試みておりますので、そのままの状態でお待ちください。ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

2018/2/18 復旧 23:07頃

サーバー復旧しました。MagicCubeの再起動の必要はありません。そのままLEDが青色になって正常に動作します。念のため監視を続けております。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

MagicCube エアコンリモコンの深淵(学習できない場合)

現実問題

赤外線リモコンは第三者が模倣しやすく、既存の家電製品をスマートホーム化するためには偶然にも非常に便利なものですが、そもそも家電メーカーの設計は学習リモコンのことなどは、全く考慮されているはずもなく、もちろんお構いなしの仕様と進化を続けています。

f:id:covia:20180218105447p:plain

テレビの電源(余談ですが)

これは残念な設計の代表例で、電源ボタンがON/OFFを兼ねたトグル操作として設計されているので、遠隔操作時にテレビの状態を確定することができません。今からでも遅くないので、これからテレビを設計する機会がある方は、隠し機能でも構わないので、OFFボタンの追加をお勧めします。従来の電源ボタンはON/OFFのままでよく、専用OFFボタンを追加することで、テレビの状態を確定できる遠隔操作が可能になります。

エアコンの深淵

エアコンはテレビのリモコン とは全く異なり、各ボタンにひとつの機能をアサインしているのではなく、エアコンの状態をリモコン側で記憶しており、どのボタン操作でも指定の状態にするためのコードを全て送っています。このため送信するコードがとても長く、基本的には学習には向きません。MagicCubeでは約600バイトまでのコードを学習することが出来るため、コード長が異様に長くない限りは、以下の記事のように学習させることが可能です。

blog.orvibo.jp

しかし、エアコンメーカーは機能の追加や、誤動作防止の観点から同一内容で2回送信し、信号を受信したエアコン本体側が、2つのデータが全て一致した時に限り、設定変更有効と判定するなど、年々長くなっています。ただでさえ長いエアコンのコードを2回も送って比較するなど極端な安全設計ですが、こうしたものは長過ぎて学習できません。

バックワードコンパチビリティ(後方互換性)の利用

こうして最新のエアコンリモコンは学習できないケースがだんだん増えていますが、業界の通例として、過去の製品と互換性を維持するという思想があります。このため最新のエアコンのコードが長すぎて学習できない場合に、古い機種のリモコンを代わりに学習させて利用できる可能性があります。しかしながら、古い機種のリモコンを入手することは難しく、必ず使えるという保証はないので以下のような安価なマルチリモコンがお勧めです。

マルチリモコン

Amazonでは、安いものでは320円で販売されています。まずお使いのエアコンで動作することを確認したコードをMagicCubeで学習させてみてください。

 

 UMA-ACRM02 

ダイキンの最近のリモコンは前述のように同じコードを2回送っており、MagicCubeでは正しく学習できません。UMA-ACRM02の740~759まではダイキンですが、実際には752以降にコードが入っており、これは同じコードは2回送っていないため学習が可能です。まず最初に実際にエアコンで動作できることを確認したコードを学習させてください。

 

 

 

 

 

スイッチボットの可能性

スイッチボットはBLE(メッシュ)を使いスマートフォンか、専用のゲートウェイクラウドに接続することで、スイッチボットに内蔵されるモーターを制御してスイッチを遠隔操作で押させる仕組みです。両面テープを駆使したDIYが必要で、装着すると結構邪魔です。赤外線リモコン に対応して入れば、MagicCubeからも制御出来るのですが、残念ながらBLEのみです。

実際には多くの機器は赤外線リモコン に対応しており、対応していないものは以下の方法でコンセントをON/OFFできますので、使い道は限定的ですが、皆様はいかがお考えでしょうか?ご要望が多ければ、赤外線版スイッチボットなど検討します。

 

blog.orvibo.jp

 

www.youtube.com

 

本家のサイト

Indigogoでクラウドファンディングを成功させて開発し商品化されたようです。

www.switch-bot.com

日本でも発売

日本では輸入業者がMakuakeでクラウドファンディングされたようです。日本のクラウドファンディングは、こうしたオリジナル製品でないものも多く、意義がよくわかりません。

weekly.ascii.jp

 Amazonで販売中